一昔前の求人誌では、雇用主が求める人材の「性別」ま…

以前は求人情報に必要とする人材の「性別」までもれなく明記されていました。

  • 数年前の求人誌では、募集条件の中に「性別」について、明記されていました。しかし現在では、「男女雇用機会均等法」の影響によって、採用時、男女の差別をしてはならないルールとなり、応募条件のなかに「性別」の表記ができなくなりました。そんな変化があるものの、求人情報を出す側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。実際に、男性を欲しい案件に、女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性がエントリーしてきたり、といった問題も無関係ではありません。もし、「女性が活躍できる職場です」とアピールする案件では、雇い主となる企業側が「女性」を必要としてる、と読み取ることが確実でしょう。
  • 転職活動を進めるには、それなりの準備は必要不可欠です。

  • 転職にあたって相応の準備が必要となります。一言で準備といってもたくさんありますが、そんな中でも目に見える「ファッション」は重視してしまう部分だと思います。けれども、ここ最近の、面接については、形式ばらない服装を許可しているところもあるので、ガッチリとスーツで決めて面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。とくに創業してすぐの歴史のない会社ほど、お堅いマニュアルもないことが多く、私服で面接の場に行ったほうが、相手に良い印象を与えられます。また、正装ではないので、フランクに話が出来るのも魅力です。さらに、私服を見せることで時には面接時に洋服について、話題が広がることがありますから、ポイントが残るでしょう。今から転職にトライするなら創立した年で決めることが、(ベンチャー系企業相手の)面接の際は私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。