転職した場合には、大体の場合、前職でのたいていの記憶は美化されます。

仕事を変えると、高い確率で以前の会社の仕事は多くの出来事は美化されます。

  • 転職後は、だいたいの場合はそれまでの仕事は多くの出来事は美化されます。実を言えば現在の職務に不満を覚えるから、それを解消するために思い切って退職を決め、転職を決意したはずなのに、気が付けばなぜか転職後の会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と感じます。というのは普通で、前職は業務に慣れていて楽に日々の業務が淡々とできていたから、理由にあるでしょう。だが実際は「やっぱり退職なんてしないほうが良かった」と本気で感じるほど、前の仕事のほうが職場の雰囲気や高く評価されていた場合も考えられます。
  • 就労中は出来るだけ周囲に気づかれないように、(ちなみに私自身のときは…

  • 就労期間中は、可能であれば、周りの人にバレないように(自身の経験談ですが)雇用中に転業の意思表示だけをはじめの時期に社内で言ってみたことがあります。にもかかわらず、その後求人情報を散々色々とチェックしてみたのですが、悲しいことに就職のあても転職時期すら何一つ決まらないまま、いつの間にか時間を空費する結果に。そしてその一方で、会社のほうは、退職に関わる引継ぎや手続き、退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、お粗末な状況下で会社を辞める形になりました。その後、予定が順風満帆とはいかず、失職期間を経たのち、次の就業先を再度探しました。