詐欺|就職活動において、年収は非常に大切なポイントです。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。

  • 転職活動をしていれば、必ず「年収」の話題が上がってきます。必ず現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。本当の年収を偽って、多く申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。「源泉徴収票」が必要となり、たとえ一時的に騙せたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、そこで虚偽の申告をしたことがバレていまいます。トラブルに発展する可能性もあるので、現在の会社での年収を正確に伝え、それに見合った希望年収額を設定するのが正解です。例をあげると、現在の年収が300万円の方が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばまずあり得ません。もし、現在が430万円の年収であれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが正しいです。あからさまな嘘は、転職活動でのトラブルばかりでなく、入社後のトラブルとなって、一時的に採用されたとしても、そのまますぐに退職しなくてはいけなくなる状況も考えられます。

  • 仕事を変えようと考えている時に閲覧する募集要項については・・

  • 転職を考えている際にチェックすることになる募集事項に関しては、基準的なものとして、アバウトに載せていることもあり得ます。なので、書いてある情報は何もかもが正しいことだとは安易に信頼しないほうが良いでしょう。そのなかでも生活に大きくかかわってくる報酬の額などに関しては、社員を平均して出した値なのか?最低限保証されている給料であるのか?一番高い給料なのか?といったジャッジができない場合が多く、自分で適当に決め込んでしまうと、後から後悔する可能性も少なくはないのです。そのような訳で、そんな風にならないためにも、求人に載っている情報は参考程度に考えて、そういったようなとても重要な内容は会社に直接確かめるのが妥当でしょう。