転職の際の面接は、小規模業者であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが・・

再就職時の採用面接では、中小企業クラスの場合、概ね「人事」が面接官となりますが、…

再就職の際の面接では、中小企業だったらおおよそ「人事」が面接官ですが、100%ではないのです。例えば、今後共に仕事をする現場の担当者、一言でいえば部長や課長などが担当することもあります。とりわけ事務系・営業系に転職する場合は資格による人の判断をするのが難しいですから、自信を持ち自分自身をアピールしていくことが求められます。面接官の誰からも「この候補者はしっかり自己アピールできるし、それに良い戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。

「転職エージェント」では、登録後、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。

転職サイトで登録したあとに、電話やメールで頻繁に連絡が入ってきます。このことに対して初めて利用された人は非常に驚く場合がよくあります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが役割だと考えられるので、本当に積極的な姿勢を見せます。その中でも大手エージェントは、転職を完了させることによって企業から報酬を受け取るシステムといえるので、転職希望者の都合うんぬんよりも企業側を優先的に考えることが多いものです。また、彼らは、契約数を増加させたいがために、内定が取れたすぐ後に、入社を積極的にすすめてくることが多いです。対抗策として自身の気持ちをハッキリしておき、転職に妥協しないように気を付けることが必要です。