女性が転職するに当たり、今と一昔前では少なからず、状況に違いがあったりします。

女性が転職する際、数年前と今とで若干の変化があるといいます。

  • 女性の転職は、今日と数年前では若干、違いがあるようです。かつては面接の場で、結婚の予定や出産予定などのことに関して、当たり前のように質問されることがありました。でも、最近では、こういったデリケートな内容は、セクハラと会社側が捉え、聞かない会社が当たり前になりつつあります。特に大企業の場合は、この手の質問を露骨に避けるようになっています。そうではあるものの、面接する側としては、はい・いいえ、といった形ではなく、その人の生き方、結婚後は退職するのか、出産後の具体的な対応を当然、把握しておきたいとは思っているものです。自分自身の考えをわかってもらうためにも、志望した動機や自己ピーアールと併せて表現することで、面接担当官にもしっかり伝わり、判断してもらいやすくなると考えます。というワケで、たとえ、質問されていない部分も、先にあなたから気遣いながら話をしておくのが良いでしょう。
  • 転職エージェントや転職サイトなどを通じて、転職活動する人は年々増えています。

  • 転職エージェントや転職サイトなどを使用して、転職活動される人は多くなってきました。とはいっても、転職フェアを活用するのがいいでしょう。転職フェアは、多くの企業が一堂に会するイベントです。一度足を運べば気になる希望の情報に直に触れられますし、さらに、そこで説明してくれるスタッフから、その企業の社風を感じる事が出来る事も少なくありません。今後、転職フェアに参加する機会があった場合、面接を受けにいくつもりで企業の人に好印象を与えるように心がけましょう。その結果フェアに参加している間に、企業側(の担当者に)認められれば、後で面接に進む際にとても有利になると期待できます。