今日はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、…

近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

現代、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」をはじめ、ヘッドハンティングも請け負う会社が増えているが、もしもあなたが特許を出願したことがあるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許出願を行った人以外にも、「研究開発論文」を発表した人や、テレビで紹介された人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールで勧誘をして、ヘッドハンティングのネタにしています。仮に、あなたがヘッドハンティングと思われる連絡があったときには、そういったことが無かったか思い出してみましょう。極稀にヘッドハンディングのように見せかけて、「登録料」を要求してくる会社があるのですが、その手の会社は確実に嘘であるので気を付けましょう。ヘッドハンティングは、登録企業が報酬を支払う形になるので転職希望者が払う必要などありません。

転職活動を現在の仕事と並立して進行させる人は少なくありません。

転職活動を現在の仕事と同時進行させる人が多いです。しかし、仕事をしながら求人情報を見つけて応募したり、面接を受けるのは心身ともに負担がかかります。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司に気づかれないように気を遣う必要があります。先のことを考えずに応募する、という人がいますが、書類選考をパスし、面接前にキャンセルすると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。転職エージェントを介して応募していた場合は、そのエージェントからの信用を失いますし、自分で直接応募した場合も応募した会社から電話やメールでの連絡がひっきりなしに掛かってくるかもしれません。自分自身の貴重な時間を空費するおそれもあるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は新卒の就活とは全く別物であると認識しなければいけません。