失業者がもらえる失業保険は、失業している間もらえるが…

失業によって得られる失業保険は、失業のあいだが給付条件ですが…

  • 失業時にもらえる「失業保険」は、失業中でない人はもらえませんが、ずっともらえるわけではありません。失業時までに勤務していた期間によって違い、3ヶ月だったり、1年だったりするのですが、世の中にはこの現実を理解していない人がいます。永久にもらえるものと勘違いして「失業保険が給付される間は遊んでいよう」という人をたまに見かけますが、給付期間が終わる段になってやっと期間制限があることを知り急いで仕事を探しても良い結果にならない可能性が高いのです。会社の面接官もバカでは無いので、失業中に何をしていたかといった点はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。状況によっては、面接担当者から失業中の求職活動についてことごとく聞かれます。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、9割がた受かりません。

  • 転職をするのに、働いている会社の退社手続きを終えて…

  • 職を変える際に、まずは今の会社を退職してから転職しようとする人もいますが、辞めてから転職活動をする際にはボーナスの支給日を気にかけておきましょう。ボーナスが出る企業はそこら中にありますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスが入る時期が近いときには、ボーナスをもらった後で退職するという方法も賢明な方法です。ボーナスはなかなか大きい額になると思うので、絶対もらったほうが良いと分かりますから、この職場を辞めようと思ったらボーナスの支給日について確認するのを怠らないようにするのが賢い方法です。