転職したい会社で見学などがあれば、たいへん勉強になります。

転職したい会社の見学は、すごく参考になります。

  • 転職候補先で見学などがあれば、すごく勉強になります。とくに、「職人」がいる会社は、スキルを間近で見られて楽しめます。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはたいていの場合、普段通りの仕事現場を見せてくれることは少ないです。例を挙げると「ブルーワーカー」(肉体労働)です。個人のクセが反映されやすい業種なので、実際に入社するまで、実際の姿はみえないものです。ですから、見学内容がそのまま仕事、と決めつけないことが重要なのです。ましてや、見学時に仕事体験ができる会社は、問題があるので良い会社とは言えません。入社していない人間には、仮に何かしらのトラブルが起こっても、保証がないので、進められても角が立たないように断るほうが良いでしょう。

  • 転職時の会社での面接でのよく思い違いがあるのですが採用を勝ち取りたいあまり無・・

  • 転職時の会社での面接での多数のひとが思い違いをしているのですが露骨なまでの猫かぶりは、予想に反して悪い結果につながります。そんな事態を避けるためには例に挙げるならば面接の際は「産休」など、多くの人がかなり質問しづらいことを勇気を出し聞いた方が確実にあなたのためにもなります。信じがたいかもしれませんが、「そんな無遠慮なずけずけとそういった内容を無神経に尋ねたら、最終的に響くのではないか」と不安が募るかもしれません。だけども、意外なことに、良い結果になることは最終的には可能性が高いのです。この手の労働環境やお金に関する内容は、仕事をするとなれば、多くの人が知りたい内容なはずです。とはいうものの、面接結果に影響するのを恐れ、なかなか聞きづらいのも事実です。しかし、ほんの少し勇気を出して質問することで「勇気のある人だな」と思わせることができます。