もし転職することを、現在の会社の人たちがあなたの転職を知る…

もし転職することが、現在の職場の同僚たちがそのことを知ってしまうと・・

  • もしも転職することを、今の会社の人たちがあなたが会社を去ろうとしているのを知ると、、職場の空気が一変することがあります。周りとの付き合い方によっては、問題はないこともありますが、意地悪、やっかみに悩まされるかもしれません。そればかりでなく、残業時間をわざと増やされてしまうことも考えられるので、軽はずみに「転職します」と口にするのはお勧めしません。なので、上記のような状態を回避するため、今所属している仕事場では、いたって真面目に仕事をしておきましょう。そうすれば、良い状態を最後まで保ちつつ、気持ちよく会社を退職することができます。加えて、円満退職で終えられたなら、転職後に、困ったときに相談できるチャンスにも恵まれるはずです。会社の大きさに関係なく、何処の会社も人とのつながりがとても大事なので、会社を辞める前のトラブルは控えましょう。

  • 転職するため仕事探しをする場合に気を付けて欲しい求人内容…

  • 転職活動するときに特に注意したほうがよい募集内容は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで、拘束時間が長いというものです。このような求人は、給料に『みなし残業代』を含んで算出しているケースがたいへん多いのです。みなし残業代というのは、『みなし』とも言い、30時間・45時間というように(時間は例えです)求人の記載内容に時間が併記されているものです。毎月このぐらいの残業発生が想定されるので、前もって給料形態に残業代を組み込んでおく、といったことです。(ちなみに、これは合法です)もし『みなし残業代25時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という意味になります。ただし、悪質なブラック系の求人では『みなし』を記載していない場合もあるので、気をつけましょう。