詐欺|転職をする際でほとんど質問されるのが職場を辞めたのかという話です。

再就職の面接で行くと必ずと言っていいほど聞きだされるこ…

  • 再就職時の面接で決まり文句のように聞きだされることが前の職を辞職したわけですが、この質問に回答する際には話題の中心を前職からそらしたほうが無難です。前職を退職した理由を中心に話をするとほぼ確実に良くない面を伴った面接に進んでしまいます。この点のポイントは、なぜ前の会社を退職したかという点をこちらの会社に必ず入社したかった理由があるという感じの話に持っていくべきであり、自分が入りたい会社に焦点をもっていくべきなのです。転職理由でも、そういった話ならば、マイナス面を消しプラス面を印象づける退職理由に聞こえます。

  • 転職を行う際、今務めている会社を辞める時に失業保険に関する手続きをしなければいけません・・

  • 転職の際に今勤務している会社辞める時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮に自らの希望によって退職届を出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の際には失業保険はすぐには出ず手続きをしてから、失業したことを認められてから3か月経ってやっと受け取れるのです。よく勘違いして退職日の翌日から3か月経過すれば給付されると信じている人がいますがこの規則をわかっていない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってその結果ハローワークのスタッフとトラブルを起こしているのを見たことがあります。例外として、退職者の都合ではなくリストラなどをはじめとした「会社都合」での解雇のケースでは、失業認定されてから即座に失業保険をもらえます。