転職活動する場合、履歴書と職務経歴書が必要になってきます。

転職活動を行うときには履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠です。

転職活動を行う際には、履歴書と職務経歴書が欠かせません。ほとんどの企業は履歴書だけでなく職務経歴書に書かれている内容を考慮した上で面接するかどうかを決めるため、まずはこの2枚の書類が大事なポイントです。ただ穴を埋めるだけにとどまらす、記載内容を充実させることも重要です。「職務経歴書」では、今まで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書きましょう。さらに、現職の社内で挙げた実績を、たとえば売上〇%UPした等、わかりやすく書くのが望ましいです。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書をチェックしてもらって、よりよい内容にしてみましょう。自分にプラスになるように転職エージェントを利用することも選択肢として考えておきましょう。

今では、株・不動産投資といった、不労所得で収入を得た・・

今の時代は株・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだり、自営業・起業といった生き方も社会的に人気を集めています。必ずしも「起業することは不安定だしキケン」といった考えも過去のものとなりつつあります。高度経済成長期の際には将来的に不安定な自営業で生きるよりも雇われているほうが手堅いとされていました。人生の正しい道として、世の中に認識されていた。そんな成長期は過ぎ去り、現代では「成熟期」と表現します。コンピューターの進化とともに、今後は、自動化・機械化がさらに進み社会においては人手が必要なくなると言われています。