派遣会社を利用して仕事をする人が一昔前の規制緩和以降・・

派遣会社に登録した上で働く人が現在増えています。

  • 仕事をするために派遣会社に登録する人が近時多くなっていますが、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらでそのうちどの位の金額、もしくは割合で自分に入ってくるかを可能な限り面接のときに聞いておくべきです。派遣業は人材を希望する会社に派遣して、その見返りに手数料を徴収するシステムになっています。実際に派遣される労働者の取り分をうやむやにしている場合が大半です。半分以上を還元しているのなら、良い会社といえますが、情報をひた隠しにする業者も多く、悪い派遣会社では、労働者に3割しか還元しなかった、という場合も決して少ないとはいえません。面接のときにあいまいにしか答えない会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、極力別の派遣会社のもとで登録されることをオススメします。

    詐欺|転職の際、正社員ではなく「派遣社員」で考えている・・

  • これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方に注意して欲しい点が数点あります。一般的に派遣という言葉を聞くと、「データ入力」「お茶出し」「電話対応」のような仕事内容をなんとなく考えてしまった方が多いはずです。私自身もそう思ってました。現在働いている会社に入るまでは「派遣社員」の募集に応募した際にも、「電話対応がメインです」と採用の際に説明を受けてもいたので安心しきっていました。ところが、業務に掛かると、「電話対応」とともに、辞めた正社員の業務の穴埋め役となるよう、任されてしまいました。毎回振り回されますし、当初の説明とは全く違うので日々全くわからないような内容でしたので、現在は、ひたすら「はやく契約終了日とならないかな」と願うばかりです。