最初に転職をするにあたって、大切なのはなぜ現在の仕事を去るのかについ…

最初に転職を行うのであれば、重要なのはどうして現職を辞めなければいけないのかを…

  • 最初に転職を行うとき、忘れてはいけないのはなぜ今の仕事を辞めなければいけないのかについてはっきりしておくことだと考えられます。その理由こそが根本問題なので、必ず考えておくべきでしょう。その上で問題を解決できる会社を決めていってください。社会人の転職活動は、学生時の就職活動とは違って、現在の仕事を継続しながら就職活動続けなくてはならないことから、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。そのため理由がはっきりしないまま転職活動を行った場合、途中で息切れしてしまう危険があります。是が非でも転職したい、現状に変化を加えたいという強い情熱がないのであれば、転職活動の開始はやめておくことをおすすめします。
  • 一度あなたが、とらばーゆの決意したのであれば、まったく…

  • 転職を決断したのであれば、周囲には内密にその気持ちを教えないようにうまく活動を進めていき、現職期間中は、徹底的に同僚に知られないように通常通りに業務をこなすのがたいへん堅実です。働いている間、その点を心にとめておけば、万一希望通りの働き先が容易に見付けることができなくても、転身予定を見送りながら今の職をそれまで通りに続けても簡単にできます。そうではなくて、思わず「転職するつもりでいる」と口にすると、周囲の人は、それに合わせて応対します。さらに周囲に「辞めるつもりです」と一言でもいえば、会社内では「あの人はもうすぐ辞める」と見なされます。そういったシチュエーションのあとで、転職の気持ちがなくなり、「やっぱり退職しないことにしました」となっても、会社内の人間は、「一度は退職しようとした人」とあなたを見て、身の置き所がないと感じるおそれもあります。