数年前は求人情報では、雇用側の希望する「性別」が書かれているのがほとんどでした。

数年前は求人誌に雇いたい人の「性別」まで明確に記載されていました。

  • 何年か前までの求人情報には、募集条件の中に「性別」について、記載されているのが普通でした。しかしながら今では、1985年に男女雇用機会均等法ができたことによって、男女差別が採用時にあってはいけないという決まりになり、募集要項の中身に「性別」を明記できなくなりました。しかし求人を出す雇い主としては、性別に関係なく平等に雇用の機会を与えてくれるとは限らないのです。実際問題、実は男手が必要なのに、女性の応募が殺到したり、対称的に、女性が必要なのに、男性がエントリーしてきたり、といったようなトラブルが少なくありません。例えば、「女性が活躍できる仕事場です」と記載される案件の場合は、雇用主が働き手は女性を必要としている、と解釈しておいた方がべきです。
  • 詐欺|転職をスムーズに行いたい場合、相応の準備はしなければなりません。

  • 転職活動には、相応の準備はしなければなりません。準備といってもたくさんあるのですが、なかでも、「ファッション」を重要なことだと感じてしまいます。しかしながら、昨今の、企業面接では形式ばらない服装が良い会社もあるので、しっかりビジネススーツを着て面接に赴く必要がない場合もあります。会社の創設したての新規の企業などは、お堅い規則もないことが多く、私服で面接したほうが、相手先に良い印象をあたえます。また、フランクに話ができるメリットも。また、私服であれば面接のなかで、洋服について、話もしやすくなるため、面接担当の人から気に入られる期待もできます。ということで、これから転職するのなら、気になる企業の「設立した年」で選択し、(ベンチャー系企業の)面接の際は私服で勝負するのも良いかもしれません。