転職したケースでは、大体の場合、前の会社の仕事での美化された記憶となります。

詐欺|転職するとだいたいの場合は前の会社の仕事の大方の出来事は美化されます。

職を変えた場合には、高確率でそれまでの会社の仕事での多くは美化された記憶となります。実際のところ現在の待遇に不満を覚えるから、それを解消するためにやっと退職を決め、転職したはずにも関わらず、過去を思い返すと不思議なことに転職した会社よりも「前職のほうが良いのでは?」と感じるのです。というのは極めて当然のことで、前職では仕事の手順に慣れていて、さほど苦労なく日常の業務が淡々とできていたのも根底にあると思います。だが実際は「転職しなけりゃよかった」と真剣に思うほど、前の会社のほうが職場環境や労働環境が良い場合があります。

在職期間にあるときは、できるだけ会社内の人にバレないよ・・

雇用期間中は、状況が許す限り、同僚にバレないよう(私のときは)雇用中に転業したいという意図のみを早い段階で周りの人に言ってみたことがあります。とはいうものの、その後に求人を色々と探してみたのですが、働く先も転職時期さえも無鉄砲に決まらずいつの間にか時間が過ぎてしまいました。一方、当時所属していた会社の方は、退職に関わる手続き、私自身の退職予定日などが段々と確定していき、最終的に「退職予定日に合わせて転職先を決める」という、本末転倒な状況で会社を去ることになりました。そして、予定は思うようにはいかず、失職期間を経験し、次の就業先を探す流れになりました。