就職活動において、年収は極めて重要な要素です。

就職活動において、年収は非常に重要な要素です。

就職活動において、年収は極めて大事な要素です。面接時には、ほとんどすべての企業で現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。ここで年収を現実にもらっている額よりも大きく申告し、転職先で高額の年収を得ようとしても、無駄な努力でしょう。というのは、結局は源泉徴収を提出しなければいけないので、一時的に信じさせたとしても、そのあとで「源泉徴収票」の提出を求められるので、必ずウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現職年収は正確に伝え、それに釣り合った希望年収額を設定するのがもっとも無難といえます。なお、現在の年収が400万円の人が、転職後すぐに500万円となる見込みは極めて小さいです。もし、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくのが無難です。完全なウソは、転職活動でのトラブルだけでなく、せっかく入社した会社を退職に追い込まれることもあるので、注意しましょう

仕事を探している際に注視する求人情報は、目安として、アバウトに…

仕事を探しているときに目を光らせる募集要項は、おおまかなものとして書かれている、という事も少なくありません。なので、そこに載っている情報は何もかもが間違いのないものだと迂闊に信じないほうが最善だと思います。中でもとりわけ生活に大きくかかわってくる給与の額などに関しては、全社員を平均した値なのか?それとも最低限の金額なのか?一番高い給料なのか?といったジャッジができる人は少なく、適当な判断で判断してしまうと、後から後悔する可能性もあります。という訳で、嫌な思いをしないために、募集要項に書かれていることは目安だと思って、そのようなたいへん大事な事は会社に直接聞くのが良いです。