転職希望者が受ける面接では、小企業クラスの場合大体、そこの会社の「人事」担当者が面接官です・・

詐欺|再就職時の採用面接では、中小企業だったら大体は「人事」が面接担当ですが・・

  • 転職のための面接では、規模の小さい企業クラスの場合概ねその社内の「人事」担当が面接官になりますが、別の場合もあります。直接、これから仕事をすることになる作業部署の一番偉い人、というような課長や部長などの管理職が面接場にいあわせることも決して少なくありません。とりわけ、事務職や営業職といったカテゴリでは、資格などという判断がしづらいですから、積極的に自分という人物をアピールすることがとても必要であります。面接担当から「この人はしっかり自己アピールするし、それに戦力になりそうだ」と思わせ、自分という人間を記憶に残すことがとても大事です。
  • 「転職エージェント」は一度登録したあとに、電話やメール連絡が何回も入ります。

  • 転職エージェントは一度登録すると、電話やメールで執拗に連絡が入ってきます。これに関して「転職エージェント」の利用が初めての人はとてもびっくりすることが多々あります。「転職エージェント」は、利用者の転職に協力することが業務ですので、大変積極的な姿勢でいます。その中でも大手エージェントは、転職を成功させることによって企業から報酬がもらえるシステムであることから、転職活動をしている人の都合よりも企業側を優先させることが多かったりします。その上転職エージェントは、成約数を増加させたいがために、内定が取れると間髪入れずに、入社を強くすすめてくることがよくあります。対抗策として自分の気持ちや意思を明確にし、無理に転職することがないように充分に注意しておきましょう。