現代はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

最近、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」や、…

  • 近年はウェブ上では、「就職斡旋エージェント」や、ヘッドハンティングを専門に行う会社をよく見かけるようになりました。特許を出願したことのある人は、ヘッドハンティングされる可能性が高くなります。彼らは、特許権を獲得した人に加えて、「研究開発論文」を発表した人や、TVで紹介されている人など、何かしらの「功績」を残した人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。仮に、あなたがヘッドハンディングのような話をされた場合は、思い出してみましょう。近年はヘッドハンティング名目で登録料を要求してくる業者もありますが、そのような会社は高い確率でサギであるので相手しないのが無難です。報酬を支払うのは登録している会社であり、転職希望者が払う必要はありません。

  • 詐欺|転職活動を現在の仕事と並行している人が多いです。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人が多いです。とはいっても、仕事をしながら求人情報を見つけて、その応募手続きをしたり、面接に臨むのは精神面も肉体面もきついものがありますよね。加えて、転職活動中は、現在の会社の同僚や上司にバレないように振る舞う必要があります。「とりあえず応募しておこう」という選択肢もありますが、もしも、書類選考をクリアし、面接の連絡が来た後で事態すれば今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントを利用していた場合は、そのエージェントからの心象が悪くなりますし、他方自身でダイレクトに応募した場合も応募した企業からの電話やメールでの勧誘がしつこくやってくることもあります。いずれにしても自分の貴重な時間を浪費することになるので、行く気のない案件は、最初から応募しないのが正解です。転職活動は、新卒の就活とは大きく性質が異なる、と理解しておく必要があります。