詐欺|20代に転職を2度経験して、今現在は資格を取るべく「派遣社員」で働くことにしました。

これまで20代前半までに転職を数回で、現在、複数の資格をとるために、…

  • これまで20代前半に転職を数回経験して、現在は資格取得のため、派遣社員になりました。常勤の勤務とは異なるため、どうしても手取りが以前よりも少なくなりました。ですがその分、心と時間的な余裕ができました。学生時に資格を取得し、就職できたらムダがなかったのにな、とは思います。やはり、身近にそういった人を見てしまうと羨ましく思います。自分と他人をどうしても比べてしまい、肩を落とす日もありました。現在は結婚を契機に過去と比べ生活環境もかなり変わり、その中で仕事や将来の夢も定まったので、自分の人生に満足できるようになりました。

  • 転職活動をしている際に、面接のときに必ず聞かれるのは志望動機と転職理由の2つです。

  • 転職活動中に、面接時に絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。これらのうち志望動機については、思っていることをそのまま話しても差し支えないですが、転職理由は、多くの人が現職の不満かと思います。例をあげれば給与の不満、上司や同僚との人間関係など面接担当者に悪い印象を持たれるものです。もっとも、自分にとってマイナスになると予想されることを馬鹿正直に話す人はほとんどいないと思いますが、転職先の企業の多くは、そういったマイナス箇所に関心を持っているため、慎重になりつつ、あなたへ探りを入れてきます。悪い印象を与えずに答える方法としては、現職の業務内容以外を一切話さないことです。加えて、この会社に入社してこんなことを実現したい、3年後にはこうなっていたい、そのために御社を選択しました、と巧妙に話をすり替えましょう。