現在、ブラック企業がマスコミで取り上げられたりして…

近時は、「ブラック企業」に厳しい世間の目が向けられるようになり、…

現代では、「ブラック企業」が社会問題として扱われるようになり、労働条件に関する取り締まりが強くなったり、悪質な会社が公表されるなど、厳罰化の流れが続いていますが、まだまだ問題が多い状況にあります。実は、面接で見破ることが可能です。最初に、求人票に書かれている労働条件に目を通し、それらをもとに色々質問してみることからやってみましょう。ブラック企業であれば、記載内容にウソがあったときには、返事が不自然なものとなります。その場では答えられないなど逃げようとします。とりわけ給与と残業、休日に関しては、詳しく聞いていくと、渋い顔をすることが多いです。それでも食らいつくと、ふてくされたような態度になってくるので、その瞬間に相手のウソを確信できます。このような会社は入社してからもこのような態度であることが多いので、「何か引っかかる」と思ったなら、その会社は選択肢から除外しておきましょう。

新卒で入社した会社を退職し、転職することになりました。

新卒採用で入った会社にさよならをして転職すると決意しました。実際に退職する前後は、非常に悩みました。新卒採用で入社した会社を退職し、中途採用として働いている人が大半であると自らの転職活動で知り、自然と将来への不安が消えました。また転職をするとふしぎなことに肩の荷が下りたかのような気分になり、「自分のやりたいこと」が再確認できて毎日が見違えるように変化しました。いまだ「続けてこその仕事」というような転職に否定的な意見もありますが、それが正しいとは限りません。私の転職活動は転職を経験して良かったと思います。