転職活動をするとき、あらかじめ、ネット上で求人サイトを閲覧したり・・

詐欺|転職を行うにあたっては、はじめに、ハローワークの求人票を見たり・・

  • 転職活動をするとき、事前にネット上の求人サイトを見たりして興味のある会社を調査するはずです。とはいっても、その会社が情報を載せるにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けていることが少なくありません。彼ら(コンサル)は、会社にとってマイナスになる情報を隠す能力に長けています。そして、不都合となる情報を表に出す際は、言い回しを変えてごまかそうともします。そのような社長の方針や社員の感想に関しては、それをすべて事実だと捉えるのではなく、半信半疑で聞いていた方が間違いがありません。美辞麗句を鵜呑みにしてしまった場合、期待していたことと全く違うと後悔することになりかねません。たちの悪い会社は、素直な人材を効率的に取り込んで、その後、いろんな文句をつけていかにして辞めさせないようにするか画策しています。この種のブラック企業には気を付けましょう。
  • 最近の労働背景の変化に関して、全世代の中で34歳ぐらいまでの若年層…

  • ここ数年の雇用形態の慌ただしい変化に当たって、社会人の中で34歳ぐらいまでの若者の世代が特に気にかけているようです。おそらく、自らのキャリアアップと転職とを視野にいれているのでしょう。そんなわけで、労働者・サラリーマンなどの労働力の流動化が進行しているようで、それに応じて今後、益々これらの傾向が増えていくのでしょう。このようなことから、一つの会社に縛られない生き方は一般的なこととなっていくでしょう。「終身雇用制度」が実在したしたかつては、「会社を辞めて転職」は、そのことで評価が下がりやすい傾向が強い、転職が思い通りにいかない人も多くあったのです。けれども、時代の流れとともに今現在の会社に固執する意味も必要性もあまり無くなっているように感じます。