失業時に受け取ることができる「失業保険」は、もらうためには失業中であることが必要です…

詐欺|失業によって得られる失業保険は、失業中でなければもらえません…

  • 失業者が受け取れる失業保険は、失業中でなければもらえませんが、給付期間が失業している限り延々と続くわけではありません。離職時までに働いていた期間によって変わり、90日とか120日とか決められるのですが世の中にはこういった現実を知らない人が一定数います。失業保険がもらえるからと遊び続けている人もいますが、給付期間が終わろうというところでようやく自分の間違いを知り急に職を探しても良い結果につながらない可能性が高いのです。会社の面接官もバカでは無いので、いつ失業してどの程度の時間経過しているか、その間まじめに仕事を探していたかといった部分はおおよその部分は相手(面接官)にバレてしまいます。運が悪ければ、面接時にそれらを根掘り葉掘り訊かれることもあります。きちんと返答できなかったり、すぐにバレる嘘をついてしまえば、合格する可能性は限りなくゼロに近くなります。
  • 詐欺|新しい仕事を探すのに、今の会社を退社してからとする人たちもいますが…

  • 新しい職を探すのに、とにかく働いている会社の退社手続きを終えてからという考えを持つ人もいますが、そうするときにはボーナスがいつもらえるのかを気にかけておきましょう。社員にボーナスを支給する企業はそこら中にありますが、社員にボーナスが出る場合には、ボーナスをもらえる時期まで数か月しかないなら、それから辞職するという考えもおすすめしたい手口です。ボーナスってある程度たくさんもらえると思うので、絶対もらったほうが良いと考えることもできるでしょうから、辞職する際にはいつまで待てばボーナスが入ってくるのかを確実に頭に入れておく方が賢いやり方です。