詐欺|転職したい会社の会社見学は、非常に勉強になります。

転職したいと考えている会社で見学などがあるとすごく参考になります。

  • 転職したい会社の会社見学は、非常に勉強になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」がいる会社見学は、スキルを近くで見られるため、気持ちが高ぶります。そのような「職人」がいる会社見学は、間違いなく見学者には、本当の仕事現場を見せてくれることはありません。典型的な例を挙げると、ブルーワーカーなどの分野です。この分野では、個人のプライドが強いので実際に入社してみないと、実際の姿はみえません。そのため、見学だけの仕事だと思わないことがたいへん大切です。また、会社見学時に実際に仕事を体験させてくれる会社はとてもキケンですし、正直言って、気を付けるべきです。雇用契約を結んでいない段階では何かあっても、保証が一切無いので、仕事体験ができる、と言われても丁寧に断りましょう。

    転職を成功させるための採用面接での、よく思い違いがあるので…

  • 転職の際に欠かせない採用面接でのやめておいたほうがよいのは良い印象を与えたいと度を超えた猫かぶりをすることです。するとそれがそのまま良い結果にはならないことがあります。そうならないために思い切って面接時は、「給与」といったような、多数の人がかなり質問に躊躇してしまいそうな内容を思い切って率直に質問しておいた方が、最終的に自身のためになります。実際には「そのような無神経なそういった内容を無神経に尋ねることで最終的に落とされるのではないか」と気にする人もいるかもしれませんが、けれども、意外なことに、好印象を持ってもらえる場合が多いようです。これらの「お金」や「労働環境」に関連する内容は、仕事をするとなれば、誰しもが尋ねておきたい内容ですよね。それなのに、面接結果に影響するのを恐れ、不採用を恐れて質問できないのが普通です。しかし、あなたがあえて尋ねておくことで「こいつは他と違う」と面接担当者へのアピールとなるのです。