自分が転職を考えていた時期に何社かの人材紹介会社に登録していました。

私が仕事を探していた時期にたいへん多くの人材紹介会社に登録していのだ・・

  • 私が仕事を探していた時期に割と多くの人材紹介会社に登録していたことがあります。その時に感じたこと、それは転職アドバイザーの質が驚くほど様々あってほとんどの場合、物足りなく感じる人ばかり。こちら側は人生の大事な事なのにもっと一生懸命に向き合ってほしいという気持ちが高まってきてその事がきっかけとなりキャリアカウンセラーになろうと思ったのです。キャリアカウンセラーの資格取得にはコストもかかりましたし資格取得のための勉強の面においてもかなり大変でしたが、就活中の人にアドバイザーがあなたで良かったと言ってもらえるキャリアカウンセラーになるべく頑張っています。

    転職の際、面接は避けて通れませんが、面接の際に担当者から「転職理由は?」…

  • 転職時の面接は、正直に答えれば良いというものではありません。人事担当から「転職理由をお聞かせください」といった形で、100%の確率で聞かれます。この時、どれだけ正論だと思っても、前の職場の人づきあいや働く環境に関しての愚痴ともとれる受け答えは、極力話さないほうがいいでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用される可能性をダメにしてしまいます。そのため面接では「前向き」な返答に徹するのがかなり大切です。、たとえば「新しい職場で、自分のキャリアを十分生かし、会社のためにより一層の努力をしていくつもりです」といったような未来志向での返答が理想です。