転職活動の際には履歴書と職務経歴書が大切です。

転職活動時には、履歴書と職務経歴書を準備することが必要不可欠といえます。

  • 転職活動を行う場合、履歴書と職務経歴書が大切です。ほとんどの会社が履歴書と職務経歴書に記載されている内容を判断材料にして面接するかどうかを決めるため、まず第一にこの2枚の書類の作成が重要といえるでしょう。単に穴を埋めるだけでなく、記載内容を充実させることも必要です。「職務経歴書」では、これまで経験してきた職務の詳細や、できる限り自己アピールとなる内容を書き綴ります。さらに、過去だけでなく現職で挙げた実績なども有効です。たとえば残業を何時間減らして売上は何%増やした、などかなり具体的に書いていきます。初めてで難しい場合は「転職エージェント」に職務経歴書の推敲を手伝ってもらい、上手な文章を引き出したりして自分にプラスになるように転職エージェントを利用することも転職を成就するための有効な手段です。
  • 今のご時世では、株・不動産投資などの不労所得で生活費を稼いだ・・

  • ここ最近は、株・不動産投資をはじめとした不労所得、もしくは個人経営 や起業を目指す人も増えています。そのような社会的変化もあり、「起業はキケンだ」といったこれまでの常識も変わりつつあるようです。高度経済成長を遂げている最中には、先の見えない自営業者よりも雇用されて働くほうが大いに堅実であり、人生の花形として、またそれが決まり切ったことであるかのように世の中に認知されていた。しかし、そういった社会全体が安定成長する時代は終わり、現代は「成熟期」というらしいです。今後は、機械化、自動化が進んで仕事でも人がいらなくなっていく時代です。