実際に失業保険を給付してもらうためには、客観的な意味で、仕事を探している姿勢を見せる必要があります。

実際に失業保険の給付を受けるためには、職を見つけようとしていることの証明が必要になります…

  • 実際に失業保険の給付を振り込んでもらうためには、仕事を見つけようとしていることを証明しなくてはいけません。けれども、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずはのんびりしたい」というのが現実だと思います。ですので、ちゃんと次の仕事先を探しているとハローワークの職員に思わせる方法があるので紹介します。毎月のハローワークスタッフとの面談は当然ながら必要ですが、その場にて、「求人票」を閲覧することを必ず行わなければいけません。まじめに探す気持ちがないときは、求人票を熱心に見ているふりをして、ハローワーク職員との面談にて、「労働条件のいい仕事や続けられそうな仕事が意に反して確認できませんでした」と相手に言い、次に期待しましょう。

  • 得意なことや大好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている方は注意した方が良いです。

  • 自分の大好き、を仕事にしたいと考えている人は注意が必要です。私が実際に経験したことなのですが、私自身、もともと食べることが本当に大好きでそれが高じて、前に、飲食業界で働いていました。そのレストランでの業務は、そのレストランで任されていた業務内容は、シンプルな盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、不満もありませんでしたし楽しんで働いていたのですが、人間関係のいざこざですごく嫌になってしまいました。ということが原因で、仕事をやめたのですが、そのせいで、食べること、そしてその店でメニューとして扱われていた食べ物すら嫌になり、類似の飲食店は避けるようになりました。当時の店の匂いを思い出すだけで辛くなります。この仕事を始めたばかりの頃は、好きだった店が嫌いになってしまいました。自分の趣味に通じることや好きな分野の仕事に就きたいと願うのは素敵なことです。しかし、「好き」はどのレベルのものなのか、もう一度向き合う必要があります。