詐欺|派遣会社を通して働く人が規制緩和の後、増える傾向にあります。

派遣社員として仕事をする人が近時は増加する傾向にあります。

  • 派遣会社に登録した上で仕事をする人が現在多くなってきています。仮にあなたが派遣社員として働くつもりなら、派遣先から支払われる1時間あたりの報酬がいくらで、そのうちいくらが自分の給与として支払われるかを面接の際に質問しましょう。派遣業は、人材を必要としている企業に人を派遣してその対価としてお金を手数料を徴収するシステムになっていますが、実際に派遣される労働者の取り分が不明確になっている場合がかなりあります。50%以上を労働者に還元しているのであるなら、まだよい会社ということも可能ですが、情報開示に積極的でない業作も多く、悪い業者では、3割だけしか労働者に還元しないケースもあるのです。なお、面接のときにきちんと答えてくれないような会社は、不都合な点を隠す体質であることが少なくないので、なるべく違う派遣会社のもとで登録されることをおすすめします。
  • 詐欺|これから転職する場合、正社員ではなく「派遣社員」を選択予定の方・・

  • 転職する場合、正社員ではなく派遣社員という勤務形態を考えている方に覚えてほしい箇所が複数あります。まずはじめに派遣という言葉を聞くと、「電話対応」「データ入力」「その他雑用」といった仕事を想像してしまう方がおそらく多いかと思います。最初はかく言う私自身もそう勘違いしていました。今、働いている会社に入社するまでは「派遣社員」の求人に応募した際にも、「担当してもらう業務は電話対応になります」と直接派遣会社の担当者からも聞いていました。が、実際に仕事に就くと、まさか「電話対応」だけでなく、退職した正社員の穴埋め役を指示されました。毎回振り回されますし、面接のときの説明とはかなり違っていたので日々全くわからないような内容でしたので、とりあえず、ひたすら「はやく契約期間が終わってほしい」と願うばかりです。