転職活動を行う上での最後に残る難関として、現在勤務している会社の退職があげられます。

転職活動を行う際の最後に残る厄介な問題として、「今勤務している会社をいかにして辞めるか」ということがあげられます。

  • 転職活動をする上での最後にクリアしなければいけない問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。転職先の会社が採用の内定を出したとしても、現在働いている企業があなたを慰留するというのもよくあるケースです。そうなった場合、負けることなく退職する、という強い意思を維持することが求められます。たとえ会社に残るように説得されて、残ったとしても一時辞めたいと思った会社には、結局は長居はできないはずです。退職を成功させるには、まずは会社の規定に目を通し、退職に必要な日数を超過する年月以降の退職日設定と、退職届を用意しましょう。その後、決定権を持つ上司と面と向かって話し合い、「退職については、いかなる交渉にも応じる気はありません」と毅然とした態度で伝えましょう。「円満退社」をすることも転職活動を成功させるためには必須です。

    大半は大手企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なの・・

  • たいていの場合は一流企業では、「定期採用」で人材募集することが普通なので、転職希望者には不向きです。それに、都市近郊部~地方となるとより状況が低くなりそうです。ただ、製造業に関連する企業においては、地方の工業団地周辺に製造工場を持っていることも少なくありません。また、そういう地方の工場に的を絞れば、事業分野の拡大などの節目に「中途採用」を積極的に行うので、そういった好機に転職するのも悪くないでしょう。地方の工場に転職したい場合、転職を希望する企業についての情報を事前に知っておきましょう。ホームページをチェックし、求人がないか時々確認してみてください。