生まれてはじめて転職をするにあたって、重要なのはどうして今の仕事を辞めなければいけないのか・・

初めて転職を行うとき、頭に入れておかなければいけない…

人生で初めて転職を行うにあたって、気を付けなければいけないのはなぜ現在の仕事を去る必要があるのかを明確にしておくことです。その理由こそが根本の問題になるので、やっておくのが賢明でしょう。そして問題を解決できるであろう企業を決定するのです。社会人の転職活動は、在学中の就職活動とは大きく異なり、今の仕事を続けながら就職活動しなくてはならないことから、時間の調整能力も、気力・体力も必要です。それがために理由が明確にされないまま転職活動を行えば、途中で挫折してしまう場合があります。何がなんでも転職したい、現状に変化を加えたいという熱い気持ちがないのであれば、転職活動を本格的に始めることはやめておくのが無難です。

もしも、現職からの転身を決心を固めたなら、徹底的に周囲の人間・・

万が一あなたが、現職からの転身を決めたのであれば、周囲にその意思を伝えずに、うまく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、あくまでも周りの人に悟られないよう淡々と仕事をする方がもっとも正解です。転職先が決まっていない間、その状態でいれば、希望通りに条件に沿う転職先が簡単に見つからなくても、転職の予定を先送りにしつつ、今の職を残っても心配がありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口にしてしまうと、会社の人は、その言葉を受けた対応をします。また「辞めるつもりです」と言った場合、同僚からは「あいつは辞める人」という位置づけになります。そのようなシチュエーションになってから、転職したい思いが冷めて、「やっぱり仕事は辞めないことにしました」となっても、周囲の人たちには、「一度は辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、仕事中ずっと、身の置き所がないと感じる強いられるかもしれません。