何年か前までの求人情報では、募集条件の中に「性別」について・・

今までは求人情報に雇用側が求める人材の「性別」が当然のように書かれていました。

一昔前の求人情報には、「性別」が記載されているのが一般的でした。ところが現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立したことによって、男女差別が採用時にあってはならないルールが敷かれ、募集要項の条件に男女の文字を見ることはなくなりました。けれども、募集情報を出す会社は、男性・女性どちらでも等しく採用するとは限らないのです。従って本当は男手を希望の業種に女性が応募してきたり、その反対に女性が欲しいのに、男性が来てしまったり、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。例として、「女性が活躍できる職場です」なんて書かれている求人募集の場合は、雇用主が「女性」を必要としている、と解釈しておいたほうが良いといえます。

詐欺|転職活動には、相応の準備は必要です。

再就職する場合、それなりの準備は必須です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は重要だと感じてしまいます。ところが、昨今の、企業面接については形式ばらない服装が良い会社もあるので、ビジネススーツで面接に行く必要はありません。とくに創業したての新規の企業などは、厳格なマニュアルもないことが多く、私服で面接を受けたほうが、相手先に印象をあたえます。また、正装ではないので、ざっくばらんに話ができるのも魅力のひとつです。さらに、私服を見せることで時には面接時に洋服について、話が広がることもあるので、もしかしたら面接担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。転職活動をするつもりなら、企業の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系などの)面接時には正装はせずに私服で勝負してみる、というのもアリかもしれません。