転職すると大体の場合、それまでの仕事はほとんどの記憶は美化されます。

職を変えると、高確率で前の会社の仕事の多くの出来事は美化されます。

  • 転職した場合には、だいたいの場合は前の仕事でのは美化されるはずです。本当は現在の職に合意できない点があるから、それをクリアするために退職を決め、再就職を決めたはずなのに、いつしかなぜか「前の職場のほうが良いのでは?」と思ってくるのです。至って普通で、前職では仕事に慣れていて、普通にやるべき仕事も淡々とできていたのが、一番の大きい理由ですが、その一方、「やっぱり退職などするべきでなかった」と真剣に思うほど、過去の仕事のほうがやりがいも職場環境も良いケースもあります。
  • 在職期間にあるときは、状況が許す限り、会社内の人に悟られないよう・・

  • 就労中はできるだけ気づかれないように、(自身の例ですが)就労期間中に転職の気持ちのみを活動初期に同僚に話して、反応を見たことがあります。でも、その後に求人情報を色々とみていったのですが、思いとは裏腹に就職先も転職時期すら無計画なまま煮詰まっていないままズルズル時間だけが過ぎてしまいました。そしてその一方、当時所属していた会社の方は、仕事の引き継ぎ、諸々の手続き、自らの退職予定日などが確定していき、そして最終的には、「退職予定日に合わせて就職先を決める」という、なんとも本末転倒な結果になってしまいました。ですが結局、理想とする結果が実らず、失業期間を経たあと、次の就職先を再度探しました。