現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

現代はネット上では、「就職斡旋エージェント」をはじ…

  • 近頃、ネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングを専門に取り仕切る会社もたくさんあります。特許を取った経験のある人は、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に限らず、研究開発で論文を発表したことのある人や、マスコミによって注目を浴びている人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールを用いてコンタクトを取り、ヘッドハンティングのための理由にしています。仮にあなたが、いかにもヘッドハンティングのような連絡をもらったときには、思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を請求する会社もあるらしいですが、そのような業者は確実にサギであるので騙されてはいけません。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者が払う必要などありません。

  • 転職活動と現在の仕事の同時進行を行う人は少なくありません。

  • 転職活動を現職と並立して進行させる人は少なくありません。ただ、仕事を行いながら求人案件案件を調べながら応募したり、面接に臨むのは精神面だけでなく肉体面も負担がかかるといえます。転職活動をしているあいだ、今の職場の同僚や上司にもバレないようにやり過ごす必要があります。先のことを考えずに応募するという行動をとる人もいますが、もしも、書類選考が通ってしまい、面接の段になって辞退すると今後の転職がうまくいかなくなるおそれがあります。エージェントをあいだに入れていた場合は、エージェントに悪い印象を持たれてしまいますし、それとは異なり自分で直接応募した場合も相手の会社から電話やメールでの連絡がしつこく来ることになります。どちらにせよ自分の大切な時間を浪費することとなるため、行くつもりのない会社は、はじめから応募しないのが賢明です。転職活動は、新卒時の就活とは似て非なるもの、と意識しておくと、賢い判断ができるはずです。