詐欺|私は20代で転職を2回経験し、現在、資格を取るべく「派遣社員」を選択しました。

20代に転職を2回経験し、現在、資格をゲットする…

20代に転職を2度経験して、現在、資格を取る目的で派遣社員になりました。常勤の勤務を選択しなかったのでやはり給料が少なくなってしまいました。しかし、前よりも心と時間に大きな余裕が生まれました。思い返すと、もっと学生の頃に資格を取り、就職できれば良かったのに、とは思います。実際、そういった成功例を間近に見てしまうと余計に羨ましく感じてしまいます。これまでの私は、自分よりも上手くいっている人と比べ、何度か劣等感を感じることもありました。結婚をキッカケにがらりと生活自体が大きく変わり、前よりも明確な進路ができて自分の人生に満足できるようになりました。

転職活動を行っていて面接のときに絶対に尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職のための活動を行っていて面接において間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。志望動機に限っては、思っていることをそのまま話してもかまいませんが、これとは違い転職理由についてそのまま伝えるのはよくありません。転職理由でよくある収入に関する不満、人間関係に関する問題など、面接官によいイメージを持ってもらえるものではありません。自分が不利益を被ると予想できることをストレートに話す人はほとんどいないと思いますが、採用担当者はそのような部分を注視しやすいので、あなたに対し、慎重に「探り」を入れてくるものと考えておきましょう。これに対して不満を言わずにうまく答える方法として、現職の仕事内容は、その内容だけを話します。そしてさらに、この会社に入ってこんな貢献をしたい、「いついつまでに〇〇は叶えるつもりです」、「こういった希望を叶えられるのは御社だけです」、といったような志望動機に話をすり替えてみましょう。