転職活動を行うとき、まず第一に求人票を見たり、インターネット上の公式サイトを見たり…

詐欺|転職をする場合、まず第一に求人票を見たり、ウェブ上の公式サイトを閲覧したり…

  • 転職する場合は、まず、ハローワークの求人票や求人雑誌を見たりして興味のある会社を調査すると思います。ところが、当該会社が情報を公表するにあたっては、コンサルタントからアドバイスを受けている可能性が高いです。コンサルタントは、会社にとって不利益な情報を隠す能力に長けています。仮に公表するとしても遠回しな表現に徹します。その類の「社長インタビュー」などに関しては、馬鹿正直に信じるのではなく、疑いながら読むべきでしょう。仮に美辞麗句を信じて会社に入った場合、期待していたことと全く違うと気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、バカ正直な人間を取り込み、その後は、いろいろと言いがかりをつけて退社させないように謀っています。そういった「ブラック企業」の求人には警戒しておきましょう。

  • 詐欺|昨今の企業の労働環境の大きな変化について34歳ぐらいまでの若い世代…

  • このように現代の企業の労働環境の慌ただしい変移をにおいて、働きざかりの世代の中で若い人たちほど鋭敏に感じ取っているようです。おそらくは、将来のキャリアアップのために、色々と考えているのでしょう。そんなわけで、就業者などの「流動化」が活性化しているので、ますます後々より広範囲な世代で転職について考える機会は増加していくものと思われます。労働市場の「流動化」によって労働者の転職は一般的なこととなっていくでしょう。まして、今までは「会社を辞めて転職」にはそのことだけで良くないイメージがつき転職しようにもうまくいかない人も多くありました。しかしながら、社会が変化し今現在の会社に執着する意味も必要性も特に無いように思います。