転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

転職先で会社見学などがあるとかなり勉強になります。

  • 転職候補に挙がっている会社で会社見学などがあるとすごく参考になります。会社見学できる会社の中でもとくに、「職人」さんがいる会社では、腕を見るのが楽しみです。でも、残念ながら「職人」がいる会社見学は、ほぼ見学者には、本当の姿を見せてはくれません。典型的なのは、ずばり、「ブルーワーカー」(肉体労働)などの職種です。この職種では、個人のプライドが強いので実際に入社しないと、本来の姿はみえないものです。なので、「見学現場=仕事現場」と思わないことがとても良いです。ましてや、見学の時に実際に仕事体験させてくれる会社はかなり問題がありますから気を付けるべきです。雇用契約を結んでいない人間には、仮に何かトラブルが発生しても、それに対する保証が一切無いので、仕事体験ができる、と言われてもていねいに断っておくようにしましょう。
  • 詐欺|転職活動中の会社での採用面接での多数のひとが思い違いをしているのです…

  • 転職の際に必須となる面接でしてはいけないのは採用を勝ち取りたいあまり露骨なまでの猫かぶりをすることです。すると残念ながら良い結果にはならないことがあります。そうなる前に思い切って面接の際は「報酬」といったような、通常ならかなり質問しづらいことを思い切って率直に訊いておくと、自身のためにもなります。信じられないかもしれませんが、「入社前の段階でそのような質問をすることで結果が不採用になるのではないか」と懸念する人もいるかもしれませんが、しかし、意外とプラスの結果になることは最終的にはいい場合が多いようです。これらのことはお金・労働環境に関する内容は、多くの人が知りたいと思っています。しかしながら、面接応募者の多くは、はっきりと聞けないものです。しかし、逆手に取って、「こいつは他と違う」ということで面接担当者へのアピールとなるのです。