再就職をする際で行くと必ずと言っていいほど尋ねられるこ・・

詐欺|再就職をする際でほとんど尋ねられるのは前職を退職し・・

  • 転職をする時に面接でかなり高確率で投げかけられる質問が前職を辞めたのはどうしてなのか、という話ですがこの質問が出た場合には退職した会社に話題の中心を当てない方が好ましいです。前職を退職した経緯が話題の中心になってしまうとほぼ確実にマイナス面を伴った内容になってしまいます。どういう風に話せばいいかと言えば、なぜ前の会社を辞めたのかという事をぜひともこの会社に入社したいと思っていたからといった感じの話に進めるべきであり、入りたい会社に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、こういった話ならば、マイナスではなく積極性を前面に押し出した以前の会社を辞めた理由に変えることが可能です。
  • 転職に先立ち今勤務している会社辞める時に「失業保険」給付手続きをしておく必要がありますが…

  • 転職を予定しているのなら現在勤めている会社を退社する時に失業保険についての手続きを行う必要がありますが、もし自らが希望して退職願を書いて会社を辞める、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険はすぐには給付されず手続きが終わった後で失業したことが認められてから3ヶ月経ないともらえないのです。ですので、会社を辞めたその翌日から3か月経過すれば給付されると勘違いしている人がいますが、この規則をわかっていない人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってそれが原因でハローワークのスタッフともめ事を起こしているのを見たことがあります。因みに社員側の都合ではなくリストラなど会社都合で解雇された場合は、失業認定を受けて直ちに失業保険をもらえます。