現実に失業保険の給付を受けるためには、「就職活動」していることを証明しなくてはいけません。

詐欺|失業保険を毎月、給付してもらうには、「就職活動」しているという証明が必要となります。

  • 失業保険の給付においては、求職活動をしているという証明が必要となります。とはいえ、現実的には「今まで一生懸命働いてきたので、とりあえずは仕事をせずにゆっくりと過ごしたい」のが本音でしょう。ですので、きちんと職を探しているように見せる方法は、あります。1ヶ月おきの「ハローワーク」での面談は当然のこととして、その場で求人票を閲覧することが必ずやっておきましょう真摯に探す気持ちがないときは、求人票で職探しをしている芝居をして、ハローワークスタッフとの面談にて、「納得できる条件の仕事や自分がやっていけそうな仕事が残念ながらありませんでした」と、相手に告げて、次に期待しましょう。
  • 詐欺|趣味に通じることや大好きなジャンルの仕事に就きたいという風に考えている方は注意した方が良いです。

  • 得意なことや好きなジャンルの仕事に就きたいと思っている人は注意した方が良いです。私が実際に経験したことなのですが、私自身、、食べることが趣味でそれが理由で、前に、料理店(レストラン)に勤めていた時期がありました。そのレストランでの業務は、そのレストランで私が任されていた業務は、簡単な盛り付け作業やホール業務でした。この業務内容に関しては、嫌なこともありませんでしたし楽しみながら仕事ができていました。けれども、職場の人間関係でとても嫌になりました。ということが引き金となり、退職することになったのですが、同時に、食べること、そしてその店でメニューとして提供されていた食べ物も苦手になり、その系列の飲食店はしばらく経った現在も行く勇気がありません。当時の匂いを思い出すだけで気分が悪くなります。仕事を始めたばかりの頃は、好きだったものを嫌いになるなんて、自分でも驚いています。自分の大好き、を仕事にしたいと夢見て、実現させることは本当に素敵なことです。しかし、「好き」のレベルはどの程度のものなのか、冷静に見直す必要があります。