これは兄の知り合いの話です。始めに新卒として死んでも入りたかっ…

こういう転職という話は兄の友達の話です。

こういう転職という話は友人の話です。新卒時になにがなんでも就職したかった目標であるA社の入社試験で、最後の役員面接までいきながら不採用になり、後に泣く泣く他の会社につきました。そのあと2年経たぐらいに派遣の求人サイトを見ていた時A社の紹介予定派遣の仕事を発見することができ、いてもたってもいられず当時働いていた会社を即退職して、A社での派遣勤務を開始、やったな、と思った行動です。一生懸命頑張ってその先どうにかA社で正社員登用されて、現在においてはやりがいを持ちつつ元気に仕事をしています。

転職先を探すにあたって、もちろん仕事におけるやりがいアップも大切だけ・・

転職ならば、言うまでもなくやりがいを考慮することも大切だけどそれにとどまらず給料が上がることも大事なことなので「年収サイト」に登録して前もって調査をしています。全く同じ会社でそして同じ職種、経歴であるにも関わらず人によって大きく違いがある場合も複数あり、正直なところ面接時に質問したことがあります。面接をした人もそのサイトを見ていたようで「ああ、高収入で書かれているのは、書いた人間も誰であるのかそこそこは見通しがついているんですけどね、多分見栄をはってるんですよ。低い方だと思ってください」とのことでした。