転職活動の最後の難関として、「今の会社の退職」があるのではないでしょうか。

転職活動を行う際の最後の問題として、「現在勤めている会社をいかにして辞めるか」という問題があります。

  • 転職活動における最後に残る壁として、「現職の退職」があげられると思います。転職先から採用の内定をゲットしても、現在、所属している企業があなたを手放したくないとして慰留するというのもありがちな話です。そういったケースでは、負けることなく退職する、という強い意思を維持することが重要でしょう。会社に残るように説得されて、一時は思いとどまったとしても、一度辞めたいと思った会社は、近い内に辞めることになるでしょう。退職をスムーズに行うためには、まず会社の規定をチェックしておき、退職の要件を満たす、日数を超過する年月以降の退職日設定に加え、退職届を手元に用意しましょう。それから、決定権を持つ上司と相談し、「退職にあたって、いかなる交渉も受け付けません」とハッキリと伝えましょう。円満退社という形をとることも転職活動の大事な要素です。

  • 大半は大企業は、「定期採用」で人材確保することが多くを占めます。ですから・・

  • 多くの場合一流企業は「定期採用」で人材を確保します。ですから、転職希望で入りたい場合は、タイミングを考慮しておく必要があります。しかも都会エリア外だとそのチャンスはとても狭まります。例外的に、「製造業」であれば、都市部でない地方の工業団地などに製造工場を構えていることがとても多いです。さらに、その地方工場では事業拡大時に「途中採用」を積極的に行うので、このチャンスに転職するのも悪くないでしょう。そのためには、地方の工場に転職したいなら、希望する企業についての下調べから収集しておきましょう。公式サイトに訪問し、求人予定がないかちょこちょこ確認しておきましょう。