生まれてはじめて転職を行うのであれば、忘れてはいけないのは…

詐欺|初めて転職する場合、頭に入れておかなければいけないのは…

人生ではじめて転職を行うなら、重要なのはなぜ今の仕事を辞めたいかをはっきりすることです。その理由が根本問題なので、必ずやっておくべきでしょう。問題を改善してくれそうな企業を選ぶのです。社会人の転職活動は、新卒の就職活動とは大きく異なり、現在の仕事を継続しながら転職活動を続けていくので、時間の管理をうまくやっていかなくてはなりませんし、メンタル的な強さや体力も求められます。それゆえ問題の明確化ができていない状態で転職しようとした場合、途中でうまくいかなくなるおそれがあります。「なんとしても転職したい!」「現状をゼッタイに変えたい!」という強い情熱がないのであれば、転職活動の開始は辞めておくのが賢明です。

詐欺|もし、転職を思い立ったのなら、まったく周囲にはひそか…

一度、転身の思い立ったのなら、徹底して会社の人には内密にそれを悟られないように、首尾よく転職活動を進めていき、転職先が決まらないうちは、あくまでも同僚に知られないようにいつもと同じように業務をこなしていくのがたいへんいいです。そのスタンスでいけば、万が一希望に知った転職先を簡単に見つからなくても、転身を先送りにしつつ、現職をそのまま残っても心配がありません。そうではなくて、ついつい「転職するつもりでいる」と口を滑らせてしまうと、会社の人間は、その言葉を受けた応対をします。それに周囲に「辞めるつもりです」と言ってしまうと会社内では「あの人は転職する人」という位置付けになります。しかし、転職の気持ちが冷めて、「やっぱり退職しないことにしました」と釈明しても、同僚たちは、「一度は仕事を辞めようとした人」とあなたを冷ややかに見るので、在籍中は、身の置き所がないと感じる強いられるかもしれません。