何年か前までは求人情報に募集要項の中に「性別」が、書かれているのが一般的でした。

今までは求人情報には、必要とする人材の「性別」までもれなく記載されていました。

  • 以前の求人誌に性別が記載されているのがほとんどでした。けれども「男女雇用機会均等法」が施行された影響もあり、雇用において、男女差別がないようにしないといけない事となり、応募資格のなかに「性別」を明記できなくなりました。けれど、募集情報を出す側は、性別関係なく採用するかといえば、そんなことはないはずです。実際に、男性希望の会社に女性の採用希望者がやってきたり、女性希望の会社に男性が来てしまい、といった問題は誰にでも起こる可能性があります。求人情報で女性活躍等なんて書かれている求人募集の場合は、女性の働き手を希望しているのだと考えると良いでしょう。

  • 詐欺|転職活動する場合、相応の準備は必要不可欠です。

  • 再就職する場合、それなりの準備は必要です。準備といってもたくさんあるのですが、とりわけ目に見える「服装」は大事に感じてしまいます。ただ、ここ数年の、面接については、私服で大丈夫な会社があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に向かわなくてもいい場合がケースもあります。会社の創立したての会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服で行ったほうが、印象が良くなります。そして、正装ではないので、ざっくばらんに話が出来るのも魅力です。そうして、私服ですと面接時に、服装の話もしやすくなるため、うまくいけば担当者と打ち解けあえるチャンスがつくれます。ですので、転職にトライするなら「創業年数」をチェックしてみて、(ベンチャー系の)面接の際はスーツは着ずに私服で勝負してみるのも悪くないかもしれません。