転職詐欺

転職期間中には、自分の趣味に時間を使ったり、体力を低下させないようにしてお…

転職先を探している間は、趣味に時間を費やしたり、体力の低下を招かないようにしておくと良いと思います。会社が決まり、仕事を再始動したときに、趣味に没頭してたことによって無意識のうちに集中力が養われているのです。さらに体力アップしていることで他の社員さん以上に疲れにくいということを自覚します。
転職詐欺

全く経験したことのない分野とかに転業したい場合には、…

今まで経験したことのない分野とかに転身を考えるときには、以前の仕事で、自分が身に付けた腕前や今まで経験したことが生かせるという内容の訴えがいるようになります。その業界で経験をしたことがないという人は経験していない分だけその業界で勤務したことがある方よりも事実、不足することはありますが、自分自身の持っている力がそこでも生きるということをしっかりと相手に言えば、勝負になるケースは考えられます。
転職詐欺

転職活動をする際、いろんな方法で情報を集めることが多いと思います…

転職を行う場合、いろんな手段で情報を得ることが多いと思いますが、転職についての口コミサイトは非常に有益です。少し前に、会社に不利益となる悪い口コミが書かれたという理由から、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。会社の都合で退社させられた元社員の復讐としてそのような口コミが投稿されていたという見方が一般的ですが、別の角度から見ると、ウソばかりの投稿であれば、会社としては放っておけばいいようにも思えます。
転職詐欺

詐欺|転職活動の際は、事前に求人雑誌を見たりして興味のある会社を調べると思います。

転職を行うにあたっては、前もって、求人票やパンフレット、WEBサイトなどで働きたい会社について調べるはずです。しかし、当該会社が情報を公にする際には、、専属「コンサルタント」のフィルターが入っている、と考えた方が良いでしょう。コンサルタントは、会社にとって利益にならない情報を隠す能力に長けています。
転職詐欺

今日では、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり・・

最近は、「ブラック企業」に厳しい目が向けられるようになり、労働条件関係の取り締まりが強くなったり、会社名が公表されたりと厳罰化の流れが続いていますが、パーフェクトとは言い難いです。なので、面接時に「ブラック企業」かどうかを自身で確認してみましょう。まずは求人票などで労働条件をチェックし、怪しい点について遠慮せずに質問しましょう。
転職詐欺

これまで20代前半に転職を数回経験して、そして現在・・

20代前半の時点で転職を2回し、現在は資格を手に入れたいので派遣社員で働いています。常勤の勤務とは異なるため、どうしても手取りが少なくなってしまいました。しかしその分、前よりも心と時間的な余裕ができました。たまに、学生のときにいくつか資格を取得し、仕事を続けるという方は本当に稀です。
転職詐欺

詐欺|近年はインターネット上では、「就職斡旋エージェント」のほかに、…

現代、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、ヘッドハンティングの専門会社も増加しています。「特許」を出すと、そのような会社から電話が掛かってきやすいといます。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を出願した人に加えて、研究開発で論文を出した実績のある人や、「雑誌・テレビ」などで話題になった人など何かで有名な人をターゲットに、電話・メールで接触し、ヘッドハンティングのネタにしようと考えています。
転職詐欺

詐欺|女性が転職するに当たって、数年前と今現在とは少なからず、変化が見受けられます。

女性が転職するに当たって、今とセクハラが問題視される前では少なからず、変化があるといいます。一昔前は面接の場で会社側から、未婚者なら結婚の予定などに関して、普通に女性たちに質問していました。しかし、今では結婚などについては、セクハラに該当する恐れがあるとして、質問しない企業、の方が増加傾向にあります。
転職詐欺

クールビズの格好をして再就職の面接に臨む場合、ジャケットに関して…

クールビズ(軽装)をして転職の面接にチャレンジする場合、いくらなんでもジャケットは羽織って出向くことはないと言い切れますが、ネクタイは着用したほうが印象が良くなるのでお勧めです。ネクタイの着用はなくても良いと認める企業も存在する場合もあるにはありますが、ネクタイに関してはクールビズであろうとつけて行く必要があると考えている会社がいくつか存在します。
転職詐欺

転職希望者が受ける面接では、中堅企業であればおおよそは、その社内の「人事」担当者が面接官になりますが、…

再就職の際の面接は、小規模業者クラスの場合大抵は「人事」が面接担当になりますが、100%ではないのです。具体的には、今後仕事をすることになる部署の責任者、要は管理職クラスである部長や課長が面接を担当する可能性も考えられます。とりわけ、事務職や営業職などのカテゴリでは、資格での人の良し悪しを判断しづらいですから、なんといっても自分自身を売り込んでいくようにしたいものです。